背中ニキビとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

背中ニキビとはその名の通り背中にできるニキビのことで、大人ニキビと同じく20代以降にできることが多いため多くの人を悩ませています。

特に女性は服装を選ぶため大人ニキビのケアは顔にできるニキビと同じくらい問題視しています。

身体では背中の中央部に皮脂腺が多く存在しており、その皮脂腺に沿うようにして背中ニキビはできます。

つまり、背中ニキビも顔にできるニキビと同じく皮脂腺が大きく影響しているということです。

あせもとは違いかゆみは生じないものの、やはりニキビですので時折痛みを伴うことがあったり、下手に潰すと跡が残ったり、治ったと思っても再発する可能性があります。

あまりにも症状がひどいと医者(美容外科)に相談することで治療できますが、初期段階だと自宅で治すことができます。

ただ、その場合、並みの化粧品では効果がなくリプロスキンやビーグレンのように効果が確実かつ強力なものを用いる必要があります。

これは背中と顔とでは肌質や刺激への耐性が異なるからです。

背中ニキビの原因

若い年代の女性を中心とした多くの人が悩んでいる背中ニキビ。

単に外見の問題だけではなく、仰向けに寝ると痛みが生じたり、ニキビが潰れてさらにニキビがひどくなったり凸凹クレーターができる恐れがあったりとその危険性は顔にできるニキビと大差ありません。

この背中ニキビができる原因は以下の通りです。

下着の締め付け

サイズのあっていない下着をつけているとその素材――化学繊維が不衛生な背中を刺激してしまい、汗や汚れによる細菌の繁殖が活発化するからです。

寝具の不衛生

寝ている間というのは予想以上に汗をかくのですが、その汗がシーツや敷布団などに染み込んでしまい、結果として菌が繁殖してしまいがちです。

つまり、就寝行為がその繁殖した菌の上で寝るという行為となるということです。

食生活の乱れ

甘いものを好んで食べるとニキビが出来やすいと言われていますが、これは背中ニキビにもあてはまります。

勿論、油分の多い食べ物も同様です。

その他

ストレスやホルモンバランスの乱れ、不規則な生活リズム、間違ったケア(洗い方等)も背中ニキビの原因たり得ます。

つまりは顔にできるニキビの原因と大差ないのでどちらにも気を付けることが必要なのです。