ニキビ痕治療にはビーグレン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビーグレン

化粧水選びの中で一番大事なのは「肌質に合うかどうか」で、その次が「保湿作用・保湿成分」です。

それら保湿作用・保湿成分を肌に浸透させるには浸透力が重要になってきますが、この浸透力を医療レベルで突き詰めた化粧水が【ビーグレン】です。

ビーグレンは世界特許である浸透技術を使った化粧水で、他の化粧水よりも肌に馴染みやすい有効成分を多く含んでいると評判です。 このことから普通の化粧品とは違いサイエンスコスメの化粧品とも言われています。

ビーグレンは改善・治療したいトラブルに応じて3種の製品が用意されており、それぞれ「高機能スキンケア製品」「セルライドなどのボディケア製品」「クレンジングなどの天然クレイスキンケア製品」と分かれているため、抱える悩みにピンポイントに効く治療を施すことができるのも特徴的です。

つまり、しみやニキビ、ニキビ痕といった悩みだけではなく、薬の使い分け・組み合わせによっては美白・ライトニングやたるみ、アンチエンジング、黒ずみ、身体のセルライトなど他の化粧水だと複数使わないと改善・治療できない悩みからそもそも治すことができない悩みまで解決することができます。

ビーグレンでニキビ・ニキビ痕ケア

化粧品・コスメを多く取り扱っている人気サイト「@コスメ」においても圧倒的な人気を誇るビーグレン。

そのビーグレンには以下のような成分が含まれています。

勿論、この成分はビーグレンの種類によって変わってきます。

クレイ化粧品

水、ソルビトール、グリセリン、大豆発酵エキス、オウゴンエキス、キシロビオース、フェノキシエタノール、カプリン酸グリセリル、カミツレエキス、イリス根エキス、モンモリロナイト、クインスシードエキス

高機能化粧水(10-YBさっぱりタイプ)

水、BG、グリセリン、エタノール、ポリリン酸Na、ジミリスチン酸PEG-12グリセリル、フェノキシエタノール、リン酸アスコルビルMg、グリチルリチン酸2K、カルボマー、TEA、ポリソルベート80、加水分解コラーゲン、水溶性コラーゲン、フェニルエチルレゾルシノール、ヒトオリゴペプチド-1、ヒトオリゴペプチド-13

高機能化粧水(10-YBしっとりタイプ)

水、BG、グリセリン、エタノール、ポリリン酸Na、カルボマー、TEA、ジミリスチン酸PEG-12グリセリル、フェノキシエタノール、ヒアルロン酸Na、グリチルリチン酸2K、ジメチルMEA、ヒドロキシエチルセルロース、ポリソルベート80、加水分解コラーゲン、水溶性コラーゲン、フェニルエチルレゾルシノール、ヒトオリゴペプチド-1、ヒトオリゴペプチド-13

症状・悩みで使いわける

このように3種ともすべて成分が違うので、悩みに応じて使い分ける必要があります。

ビーグレンは界面活性剤入りの洗顔料・化粧水ではないため肌本来の防御機構を損なわせることはありません。

そのため、肌の保湿を高め、美白効果で美しくし、ニキビ跡の凸凹クレーターを修繕するはたらきがあるだけでなく、肌本来の活力を取り戻すための地力作りも同時に行うことができるので根本的なスキンケアを実現できます。

特にビーグレンのナチュラルクレイには肌の炎症も抑える効果があるのでニキビ・ニキビ痕治療だけでなく予防にも大きな効果を発揮します。