ニキビ跡を知ろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニキビがせっかく治ったのに「ニキビ跡が・・・・・・・・」なんて悩んでいる方は男性女性問わず多いのではないでしょう?

当サイトでは、ニキビ跡ができる原因や予防やニキビ跡を消す方法を紹介しています。

また自分がどのニキビ跡といっても種類はいくつかあり、種類、タイプによって治療法や改善法は異なってきますので、しっかりニキビあ跡について調べて理解しておく必要があります。

ニキビ跡と原因

ニキビの治療・改善に成功するとその肌には少しの間、跡が残りますが、しばらくすると元の肌に戻ります。

しかし、ニキビの治療・改善の過程を間違えてしまうと肌にはニキビよりも数倍目立つニキビ跡ができてしまいます。

ニキビ跡とはニキビが収まった後に肌に残る色素沈着やクレーターのような凸凹のような痕跡のことです。

この跡は一言で言うなら傷であり、ニキビを自分で潰してしまったり、治療せずに放置しておくと皮膚が破壊されることによりできてしまいます。

≫「ニキビ跡と原因」の詳細へ

ニキビ跡の種類

ニキビの治療法を誤ってしまった場合にできるニキビ跡にはいくつかの種類があります。

これはニキビと同じように段階があり、症状がひどくなるほど治療が困難かつ長期的なものになります。

そのため、確実な治療法による早期治療を心掛けるのがニキビ跡を治療する際の一番重要なことです。

≫「ニキビ跡の種類」の詳細へ

ニキビ跡を消す方法

思春期特有のものだと軽視されていたニキビですが、近年では「大人ニキビ」と呼ばれる20代以降にできるニキビに悩まされる人が多いです。

この大人ニキビの一番厄介なところは治りにくくニキビ痕ができやすいというところです。

そのため、ニキビ跡の赤みや凸凹クレーターを消す方法を求めている人は少なくありません。

ニキビ跡を改善するための方法を紹介していますので参考にしてください。

≫「ニキビ跡を消す方法」の詳細へ