しっかりと治療しないと一生ものの傷跡になる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

凸凹クレーターが残るニキビ跡

ニキビ跡は症状によって3種類に分類することができ、その症状によって治療法が変わってきます。

中でも【肌に凸凹のクレーターのような跡が残るタイプ】のニキビ跡は最も治療するのが難しく、また完治するまでに最も多くの時間を必要とするニキビ跡です。

多くの人が思い浮かべる「ニキビ跡」はこのタイプのものが多く、美容皮膚科などでのニキビ跡治療もこのタイプのものを指すことが多いです。

肌に凸凹のクレーターのような跡が残るニキビ跡はじっくり腰を据えて、焦らず、本当に良い治療法で治すことが大事です。

この肌に凸凹のクレーターのような跡が残るニキビ跡は肌の組織が完全に破壊されている状態であるため、治療にかなりの時間が必要になります。

また、生半可な治療法ではニキビ跡を消すことにまったく期待することができません。

つまり、3種あるニキビ跡の中で最も治療法を吟味する必要があるのです。

凸凹クレーター状のニキビ跡の治療法

凸凹クレーター状のニキビ跡の治療にはお金か根気が必要になりますが、本当に体のことを考えるなら症状を根本的に治し、根気が必要なものの再発を防ぐことのできる化粧水・美容液を利用することをオススメします。

肌の弾力の元となり再生力を高めるコラーゲンを多めに摂取したり、ターンオーバーを促進するような効果がある美容液・化粧水が治療には適しています。

もしお金を出せるのであれば美容皮膚科やクリニックでのニキビケアも選択肢に含めましょう。

このデコボコクレータータイプのニキビ跡の治療に最も必要なのは、下記の2つです。

  • ビタミンC誘導体
  • ピーリング

ビタミンC誘導体には、「肌の弾力の元であるコラーゲンの量を増やす効果」「ニキビを予防・改善する効果」「美白効果」があるので、凸凹クレーターのニキビ跡を正常に戻すだけでなくケアも行う時に必要になってきます。

ピーリングには「正常なターンオーバーを促す効果」があり、古くなった角質を落とし、肌の再生を早めることができます。