ニキビって?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニキビとは思春期にできることが多い吹き出物の一種で、周りから見ると赤い吹き出物のように見えます。

思春期にできる理由としてはホルモンバランスの乱れや新陳代謝の関係で肌が不摂生になりやすいということですが、近年では20代や30代でもニキビに悩む人は多いです。(通称大人ニキビ)

ニキビがひどくなると、もしくは間違った治療を施してしまうと皮膚組織を破壊して凸凹のクレーターのようなニキビ跡となって肌に残ります。

このニキビ跡ができることからニキビは多くの人から忌避されています。

ニキビの原因

ニキビとは皮膚の炎症性疾患のひとつです。

このニキビは毛穴がホルモンバランスの乱れを受け、皮膚と細菌との相互作用により炎症を起こすことが原因と言われています。

毛穴付近には皮脂腺と呼ばれる皮脂を分泌する腺があり、この腺は主に皮脂を分泌し、皮膚や毛の表面の保護・保湿をする機能があります。

しかし、ホルモンバランスの乱れや不規則な食生活・生活リズム、ストレス、女性の場合だと生理周期などの理由によって皮脂が過剰に分泌されることがあります。

この過剰分泌の皮脂が毛穴につまることこそニキビの原因です。

このニキビの原因はあくまで一般的なもので、実はニキビはできる部位によってさらに細かい理由があります。

以下がニキビができる場所による原因です。

  • 髪の生え際……睡眠不足
  • おでこ……自律神経の不安定、ビタミン不足
  • 眉の上……ホルモンバランスの乱れ
  • こめかみ……ストレス
  • 頬の上……副腎機能低下、生理
  • 頬下……冷え性、便秘、肝機能低下
  • 鼻・小鼻……汚れが落としきれていない
  • 口の周り……ビタミン不足
  • あご……冷え性、貧血

このようにニキビができる場所によってその原因が分かれるので、健康状態のバラメーターとして捉えることができます。

そのため、「おでこにニキビができたから……ビタミン不足かなあ……」と捉え、適切な治療に励むことができます。

最も重要なのは的確ではない治療を行うことで、その代表的な例がすべてのニキビの原因を「汚れが落としきれていない」と捉え執拗に洗うことです。

このニキビをいたずらに刺激し続けることはひどいニキビ跡の原因たり得るので絶対に控えるようにしましょう。

また、近年では背中にニキビができる通称、背中ニキビに悩む人も増えてきています。

  • ケガをすると皮膚にある「線維芽細胞」がコラーゲン(タンパク質)を作ってその修復をします。
  • 傷口の化膿や傷の周囲の新陳代謝が悪いと修復が正常に行われません。
  • 普通のニキビ跡は半年~1年程度で目立たなくなります。

しかし、傷が化膿したり傷の状態が長期にわたって残り続けた場合、「肥厚性瘢痕」になってしまうことがあります。

この肥厚性瘢痕が一般的にニキビ跡と言われているもので、傷口が赤く腫れあがった状態です。

ニキビ跡の原因

凸凹クレーターのようなニキビ跡。

そのニキビ跡ができる理由は以下の通りです。